Wednesday, June 20, 2012

あなたの証しをする機会

「これらのあらゆる出来事のある前に、人々はあなたがたに手をかけて迫害をし、会堂や獄に引き渡し、わたしの名のゆえに王や総督の前にひっぱって行くであろう。 それは、あなたがたがあかしをする機会となるであろう。」  ルカによる福音書21章12~13節
 「終末期」と言われる時代になっています。世の終わりの時代です。この時代を、天と地とその中の一切のものを創造され、整えられた唯一の神さまを主と仰ぐクリスチャンとしてどのように過ごすかを、主は注目して見ておられるような気がします。世の終わりの状況は、はっきりと聖書は記されています。マタイ24章には「 多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わす」(5 )「戦争と戦争のうわさとを聞く」(6)「民は民に、国は国に敵対して立ち上がる」(7)「あちこちに、ききんが起り、また地震がある」(7)「あなたがたを苦しみにあわせ、また殺す」(8)「わたしの名のゆえにすべての民に憎まれる」(9) 「多くの人がつまずき、裏切り、憎み合う」(10)「多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わす」(11) 「不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える」(12) 「この御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられる。そしてそれから最後が来るのである。」(14)と。今、私たちは主の清さに照準を合わせて、日々進んでいかなくてはなりません。主が喜ばれないものを廃し、主の尊いみ名を褒め称える「詩と讃美と霊の歌」(エペソ5:19)に熱心になりましょう。「キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい。そして、知恵をつくして互に教えまた訓戒し、詩とさんびと霊の歌とによって、感謝して心から神をほめたたえなさい。」(コロサイ3:16)