Tuesday, August 28, 2012

唯一の神が主

「ただわたしのみ主である。わたしのほかに救う者はいない。わたしはさきに告げ、かつ救い、かつ聞かせた。あなたがたのうちには、ほかの神はなかった。あなたがたはわが証人である」と主は言われる。」 イザヤ43章11-12節
 
 「あなたはわが目に尊く、重んぜられるもの、」(43:4)と言われる主は、はっきりと告げ知らされます。「私の他に救う者はない」と。唯一神だけが、私たちを贖いうる神さまなのです。そして救われた私達だけが、経験者として、「イエスは救い主なる神である」と証言できる神の証人なのです。私たちは、聖書から①私たちは真の神さまの前に罪人であること②自分で自分を救うことができないこと③唯一の神さまだけが救い主イエスさまを私たちの救いとして供えられること④遠慮しないで神さまに、「私を救ってください」と願うことができること⑤信仰によってイエスを自身の個人的な救い主として受け入れること⑥地上の生活が終わった時に主にある者は天のみ国へ入ることができることを、確信しています。「主は・・・ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、・・・ながく忍耐しておられる」(IIペテロ3:9)時間の間に創造主である神との出会いと決断を実践いたしましょう。「 僕たる者よ、・・・真心をこめて主を恐れつつ、従いなさい。 何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から働きなさい。 あなたがたが知っているとおり、あなたがたは御国をつぐことを、報いとして主から受けるであろう。あなたがたは、主キリストに仕えているのである。」(コロサイ3:22-24)主に仕える者として相応しい生活の実践が求められています