Thursday, January 3, 2013

万物を作られた神

「われらの主なる神よ、あなたこそは、栄光とほまれと力とを受けるにふさわしいかた。あなたは万物を造られました。御旨によって、万物は存在し、また造られたのであります」黙示録4章11節
 2012年の第53回目の聖日、最後の日曜日となりました。神さまは、この年も新たな一歩を進める力を教会に下さいました。生きて働かれている神さまは、私たちのために、未来へつなぐ希望を見せて下さったのです。「主よ、あなたのみわざはいかに多いことであろう。あなたはこれらをみな知恵をもって造られた。地はあなたの造られたもので満ちている。」(詩104:24)神さまの知恵は、私たちのすべての必要を覚え、時にかなって備えられるのです。ですから私たちは、主に向かってあなたこそこの冠を受けるにふさわしいお方と、私たちが忠実な僕として頂いた冠を差し出すとき、主は受けて下さるのです。
「だから、あなたがたは自分の持っている確信を放棄してはいけない。その確信には大きな報いが伴っているのである。 神の御旨を行って約束のものを受けるため、あなたがたに必要なのは、忍耐である。 もうしばらくすれば、きたるべきかたがお見えになる。遅くなることはない。 わが義人は、信仰によって生きる。もし信仰を捨てるなら、わたしのたましいはこれを喜ばない。 しかしわたしたちは、信仰を捨てて滅びる者ではなく、信仰に立って、いのちを得る者である。」(へブ10:35-39)
私たちが主の前に、「恵みにあずかって時機を得た助けを受けるために、はばかることなく恵みの御座に近づこう」(4:16)
主は私たちの忠実な歩みを好まれ、守ってくださいます。