Saturday, March 8, 2014

御霊の働き

「しかし、神の御霊があなたがたの内に宿っているなら、あなたがたは肉におるのではなく、霊におるのである。もし、キリストの霊を持たない人がいるなら、その人はキリストのものではない。」ロマ8章9節
 宇宙の始まりはビッグバーンであったと科学者は語ります。
しかし、聖書は、唯一の神さまがこの宇宙を創造されたとはっきり記しています。神の声(ロゴス=言葉)によって一つ一つが造られ、整えられたことを知ります。そしてその宇宙の管理者として、神さまに向き合うかたちで、人が創造されたことを知ることができるのです。神さまが正しい管理を意図して与えられた自由を、人は、自分の欲望の追求のために誤用してしまい、神さまから離れた状態になってしまったのです。この状態を罪の状態であると聖書は記し、その結末は滅びであると指摘しています。ご自身の創造された人の魂を心から愛し、罪の状態を回復させる唯一の手段として、独り子イエスさまを十字架にお掛けくださり、その流された血潮(=生命)によって購って下さったのです。ですから、私たちを救い得るお方は、イエスさまだけなのです。(使徒行伝4:12)人を新しく生まれ変わらせる力をもつ方は、聖霊なる神さまです。(IIテサロニケ2:13-14)神さまの恵の力で、神の御霊を持った人は、神さまがイエスさまを十字架の死から復活させられるお方であることも信じることができるようにされるのです。「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。」(IIコリント5:17)が真理ですと主を讃美できるのです。