Saturday, August 1, 2015

神との平和

「イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。」 ヨハネによる福音書14章6節

一冊のトラクトを見ました。既に救いを確信している方は信仰の確認の為、確信が持てないでおられる方はご自身の心と向き合って、聖書を開きながらお読みください。1、神さまは、あなたが神さまと平和を保つ事と豊かな永遠の生命を持つ事とを計画しておられます。「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」(ヨハネ3:16)「わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。」(10:10)2、なぜほとんどの人は、永遠の生命を持っていないのでしょう。ー人間の問題=神さまから離れた。神さまはご自分のイメージとして人間を創造された。ロボットの様にではなく、意志と選択の自由を持った人として。けれども人は、神さまに従わす、自分勝手な道を選択した。「すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており、」(ローマ3:23)神さまから離れたという問題の解決策は一つです。3、唯一の解決法は十字架です。イエスが十字架で死なれ、復活されたことで、私達の罪の罰は贖われ、神さまと人の間にあった淵に橋が架けられたのです。「あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。それは、あなたがた自身から出たものではなく、神の賜物である。」(エペソ2:8)4、この道を歩むためにーキリストを受け入れる「その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。」(ヨハ1:12