Saturday, August 1, 2015

預言の確かさ

「わたしはあなたがたの年老いるまで変らず、白髪となるまで、あなたがたを持ち運ぶ。わたしは造ったゆえ、必ず負い、持ち運び、かつ救う。あなたがたは、わたしをだれにたぐい、だれと等しくし、だれにくらべ、かつなぞらえようとするのか。」              イザヤ書46章4-5節

預言者イザヤが活動したのは、前745-695でした。44-45章でペルシャ王クロスの名を見ますが、彼の王であった年は前538-529ですから、150年も前に神さまはクロス王のことやエルサレム帰還が可能になり、まだその宮が破壊される前に再建をイザヤを通して預言されたことになるのです。「わたしは終りの事を初めから告げ、まだなされない事を昔から告げて言う、『わたしの計りごとは必ず成り、わが目的をことごとくなし遂げる』と。」(45:10)と厳密かつ大胆に主なる神さまは選んだ者を通して預言なさるのです。この素晴らしい業は、ただ神さま御一人にしかおできにならないのです。「わたしは主である。わたしのほかに神はない、ひとりもない。あなたがわたしを知らなくても、わたしはあなたを強くする。 これは日の出る方から、また西の方から、人々がわたしのほかに神のないことを知るようになるためである。わたしは主である、わたしのほかに神はない。 」(46:5-6)私たちが年齢を重ねても私たちを持ち運ぶとと断言し約束される主のお言葉なのです。♪主は素晴らしい♪と讃美の声を高らかに発して、キリストであるイエスの主の聖名を褒め称えてまいりましょう。その心に裏表がなく、クリアカットした潔い心で、神さまの前にくずおれる者でありたいと思います。(参照:詩篇34:17-18)