Sunday, November 6, 2016

あなたの信仰が、、、、

 「しかし、イエスは女にむかって言われた、「あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい」。                         ルカによる福音書7章50節

 「あなたの信仰があなたを救ったのです。」と言われる、憐れみに富んだイエスさまの赦しと祝福の言葉を福音書に見つけてみると、12年間もの間長血に苦しんだ女性の癒しの記事がマタイ9:22、マルコ5:34、ルカ8:48に、盲人バルテマイの癒しがマルコ10:52、ルカ18:42に、10人の重い皮膚病の癒しがルカ17:19にあり、さらに上記のルカ7章に罪の女の赦しを見る事が出来るのです。この、あなたの信仰があなたを救ったというイエスさまのお言葉は、信仰があったので自分で自分を救う事が出来たと褒めておられるのではないのです。信仰はあくまで、主イエスキリストから頂けるものですから、この当事者たちが救われたのは、長年の痛みの癒しをあきらめずにイエスさまに求め続けた信仰によって応えられたと宣言して下さっておられるのです。人が新しく救いに与かることを新生と表現しますが、このことは聖霊の神さまだけがなさることのできる神の業なのです。救いに係ることでクリスチャンが出来ることは、主の救いに関心のある人を神さまの前に導いて来ることです。福音書の多くの個所に、福音を述べ伝えよと記されてありますが、それはわたしたちが受けて経験した救いの喜びを正しくお伝えすることであり、イエスさまが私たちの罪の贖いのために身代わりに十字架で刑を受けられたことによって、私たちが神さまの前に罪のない者とみなされることになったという、尊い神さまの恵みに浴していることを述べ伝えることなのです。