Monday, February 26, 2018

モーセの後継者ヨシュア

 「この日、主はイスラエルのすべての人の前にヨシュアを尊い者とされたので、彼らはみなモーセを敬ったように、ヨシュアを一生のあいだ敬った。」   ヨシュア4章14節
 エルサレム生まれのユダヤ人歴史家、ヨセフォスによれば、ヨシュアがモーセに従って忠実に出エジプトの40年を付き従い、後継者となったのは65歳であったといわれます。
ヨシュアの名のギリシャ語訳はイエスですから、民を世の罪から義へと導かれたイエスさま同様、イスラエルの民をカナンへ導いた偉人とみなされたことも意味があるようです。ヨシュア記2章を見ますと、彼がエリコを攻めるために2人の斥候を送った事を知ることができます。異邦人の中にもユダヤを導く神さまが、いかに幸いで確かな御手をもって民を導いておられることを知っていた人がいたのです。この神は、アブラハムに「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。 わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地のすべてのやからは、あなたによって祝福される」(12:1-3)と、語られた、真の神さまなのです。神さまのご計画は、神の民の模範として信仰をもって神に従う民として、イスラエル民族をお立てになられたと信じています。マタイ伝1:1には、アブラハムの子孫、ダビデの子孫 、イエスキリストの系図とあり、1:17には、アブラハムからイエス迄42代とあるのです。
私たちの全てをご存知の神さまに全幅の信頼で従いましょう