Monday, February 26, 2018

わたしは命の光

 「イエスは、また人々に語ってこう言われた、「わたしは世の光である。わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、命の光をもつであろう」。
                  ヨハネによる福音書8章12節
 今朝の礼拝と午後集会は、若葉聖書バプテスト教会の牧師ジェームズ・スミス先生を説教者にお迎えして、秋の特別伝道集会を開催します。先生は、BBFI公認宣教師で、出身はアメリカ、フロリダ州。ご家族はエイミー夫人と2人の男の子と高校生のお嬢さん。韓国で海兵隊勤務期間中に、アジア伝道を神さまに示され、韓国に重荷を持たれました。退役後、神学校で学ぶ中にエイミー姉と出会われ、ご結婚。日本宣教に導かれました。2006年12月に来日後、幕張教会でご奉仕されたのち、2009年に若葉教会の宣教師となられ、2011年2月に若葉教会牧師に就任されました。今朝スミス先生は、ルカ福音書12章から「世的な富と永遠の富」と題してお話下さいます。また午後は、エペソ人への手紙5章から「機会を十分に生かして用いましょう」と題してお話下さいます。旧約39巻、新約27巻からなる聖書は、世界の2000国語以上に翻訳されている、神の言葉(啓示)です。唯一完全で最後的な神の啓示なのです。天地万物を創造され、人類を創造され、最初のカップルであるアダムとエヴァをエデンの園に住まわせ、「産めよ、増えよ、地を従わせよ」と祝福して下さったのですが、与えられた自由を神さまのご意思に従わず罪を犯して、かみさまからはなれたのです。しかし神さまは、人を愛され、恵みを受け入れる人を受け入れて下さるのです。