Friday, March 30, 2018

生命の門番(Gate Keeper)

 「あなたはわが目に尊く、重んぜられるもの、わたしはあなたを愛するがゆえに、あなたの代りに人を与え、あなたの命の代りに民を与える。恐れるな、わたしはあなたと共におる。」                イザヤ43章4-5節
 セントラルバプテスト教会の今年の伝道集会は、今朝の礼拝と午後に集会の2回にわたって行わせていただきます。今年も暑さに負けないで、集会案内のチラシを一枚一枚近隣のご家庭に配布させて頂きました。教会の兄弟姉妹の祈りと願いは、何とかして一人でも多くの方々に、イエスキリストによって完成された「本当の救い」をお知らせし、聖書に示されている通り『自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。聖書は、「すべて彼を信じる者は、失望に終ることがない」と言っている。』(ローマ10:9-11)からなのです。この事を少しでもわかりやすく丁寧にお伝えする手段とし、外部からの説教者をお招きしているのです。今年は、立川聖書バプテスト教会の井口拓志先生に、この大切なお願いをいたしました。今朝の礼拝で用いられる聖書のみ言葉は、旧約聖書の預言書であるイザヤ書です。「すべての人の生命(霊的存在)は神さまの目に尊く重んぜられるべきものである」と示されています。私達は、勝手に生まれ、勝手に生きていく存在ではないのです。神さまのご計画の中にある、尊い存在として神さまはご覧になっていて下さるのです。感謝し、み言葉に親んで参りましょう。
セントラル教会は、山王町6-2 にあります。さらに詳しくお知りになりたい方は、027-266-4276へご連絡下さい。 牧師 鈴木 恵輔