Saturday, October 12, 2019

教会の成長と安定

 「すべての人と相和し、また、自らきよくなるように努めなさい。きよくならなければ、だれも主を見ることはできない。気をつけて、神の恵みからもれることがないように、また、苦い根がはえ出て、あなたがたを悩まし、それによって多くの人が汚されることのないようにしなさい。」
                     ヘブル12章14-15節
 教会人の集まりですから、全く波風が立たないと言うことはありませんが、教会の平和は、努めて求められるべきものです。「主をおそれ」とは、罪を避け、神を恐れつつ歩む敬虔さのことを指しています。主をおそれるとは、神さまが天地万物の創造主であり、私達がその被造物であるということを認め、その御前にへりくだることです。また、どんな時にも私達と共にいてくださり、私達の心をはかられるお方として意識しながら、そのお方に相応しく歩むことです。旧約聖書では、主をおそれることは知識のはじめ(箴言1:7)、知恵のもと(箴言9:10)、人の本分(伝道の書12:13)であると語っています。新約聖書ではこれを「信心(新改訳は敬虔」とも表現しています。パウロは、信心こそ《からだの訓練は少しは益するところがあるが、信心は、今のいのちと後の世のいのちとが約束されてあるので、万事に益となる。》Ⅰテモテ4:8と位置づけています。「次第に信徒の数を増して行った。」
神さまへの敬虔と聖霊の歩みの結果、信徒の数が増えました。迫害や困難を乗り越えて増えていったのです。企業のように数値目標を立て成長した結果ではなく、神さまのご計画による信徒の増加だったのです。上を見上げて前進しましょう。