Sunday, May 16, 2021

愛する者を訓練される主 

 「わたしの子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。主に責められるとき、弱り果ててはならない。主は愛するものを訓練し、受けいれるすべての子を、むち打たれるのである。」                                                ヘブル12章5-6節

 主は、わたしたちのためにいのちを捨てて下さった。それによって、わたしたちは愛ということを知った。それゆえに、わたしたちもまた、兄弟のためにいのちを捨てるべきある。世の富を持っていながら、兄弟が困っているのを見て、あわれみの心を閉じる者には、どうして神の愛が、彼のうちにあろうか。子たちよ。わたしたちは言葉や口先だけで愛するのではなく、行いと真実とをもって愛し合おうではないか。それによって、わたしたちが真理から出たものであることがわかる。そして、神のみまえに心を安んじていよう。なぜなら、たといわたしたちの心に責められるようなことがあっても、神はわたしたちの心よりも大いなるかたであって、すべてをご存じだからである。」(Iヨハネ3:16-20) 主の訓練について旧約聖書、申命記11:2に、「あなたがたは、きょう、次のことを知らなければならない。わたしが語るのは、あなたがたの子供たちに対してではない。彼らはあなたがたの神、主の訓練と、主の大いなる事と、その強い手と、伸べた腕とを  知らず、また見なかった。」とあり、クリスチャンたちが、子供のように素直であることは素晴らしいことですが、神さまに対して一人前の十分に責任感をもって対応する大人として、主の  訓練、主の大いなる事、述べられた働きかけを、しっかり受け止める大人であるべきことを勧めておられるのです。幼子のごとくに柔らかい心とはっきりした信仰をもって、霊的な大人として正しく強く振る舞うことが求められているのではないでしょうか。

 2021年5月16日 週報より