Saturday, January 30, 2021

2021年1月24日 週報より  「永遠の国に入る恵み」

 「それらのものによって、尊く、大いなる約束が、わたしたちに与えられている。それは、あなたがたが、世にある欲のために滅びることを免れ、神の性質にあずかる者となるためである。」       (IIペテロ1章4節)

 「わたしたちの主また救主イエス・キリストの永遠の国に入る恵みが、あなたがたに豊かに与えられるからである。」(IIペテロ1:11)ペテロはイエスさまの第一弟子ということが出来るでしょう。漁をしているところに来られたイエスさまはペテロと弟アンデレを招きました。(マタイ4:19)「人間をとる漁師にしてあげよう」さらに10人の弟子たちを選び、同行させたのです。その大きな目的は、ペテロが第二の手紙ではっきり告白しているように、「尊く、大いなる約束が、わたしたちに与えられている」(1:4)事をすべての人の知らせることだったのです。この大きな神さまからの恵みとは、世にある欲のために滅びないで、神の性質に預かることなのです。その為に、

神の性質に預かる者となるように語るのです。そのためには、「力の限りをつくして、あなたがたの信仰に徳を加え、徳に知識を、知識に節制を、節制に忍耐を、忍耐に信心を、信心に兄弟愛を、兄弟愛に愛を加えなさい。」(5-7)と勧めるのです。

またペテロは、これらのものが加わり、豊かになるなら、キリストの知識が実を結ぶことになると約束されるのです。そして常に互いが励まし合い、語り続け、証し続けることによって、そこに、平安の実が一つまた人つと整えられると勧めて下さるです。御霊の実は、「愛、喜び、平和、寛容,慈愛、善意、忠実、柔和、、自制」で、否定する律法はないのです。


 2021年1月30日  コロナ対策

教会では、2021年2 7日まで、教会での集会を、以下の2つにして行っております。

1、日曜朝礼拝  日曜日午前10時45分より12時頃迄

2、毎水曜祈祷会 水曜日午後7時より約一時間

その後については、2021年2月7日以降でご案内させていただきます。

       セントラルバプテスト教会 牧師 鈴木惠輔

 

Saturday, December 26, 2020

20201220日 第三聖日 クリスマス 

  礼拝順序            午前1045分~

                    受付 原島姉

                    司会 原島兄

前奏                  奏楽 愛隣姉

讃美       聖歌122 (70)

祈り

讃美       聖歌130 (78)

聖書朗読節     ルカ2章8-20節

主の祈り

讃美・証し    関口ファミリー・原島兄・愛隣姉・他

今月の歌     我が心は(讃美数 1)

暗証聖句     Iテサロニケ14

讃美       聖歌123 (71)

説教

讃美       聖歌138 (86)

祈り・献金

終祷       聖歌385 (378)

報告

※聖歌番号の次の()の番号は聖歌総合版の番号です

聖研・祈祷会          23日 午後7:00-

 受付 並木姉

 士師記

暗証聖句 

「いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」。     ルカ福音書2章14節

            

  救い主イエスのお誕生

「いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」。     ルカ福音書2章14節

  「御使たちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼たちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこようではないか」と、互に語り合った。そして急いで行って、マリヤとヨセフ、また飼葉おけに寝かしてある幼な子を捜しあてた。彼らに会った上で、この子について自分たちに告げ知らされた事を、人々に伝えた。人々はみな、羊飼たちが話してくれたことを聞いて、不思議に思った。しかし、マリヤはこれらの事をことごとく心に留めて、思いめぐらしていた。羊飼たちは、見聞きしたことが何もかも自分たちに語られたとおりであったので、神をあがめ、またさんびしながら帰って行った。(ルカ2:15-20)聖書記者ルカは、神の御心によってこの地上に送られた救い主イエスキリストの誕生を克明に伝えます。神の子の親として託されたヨセフとマリヤの所に与えられた誕生の預言の成就を、彼ら二人だけではなく、イスラエルのどこにでも存在している羊飼い達を証人として、起こった出来事として世に広めるのです。神を恐れる善良な市民を選ばれた神さまは、神の子の誕生という不思議な神さまのお働きを伝える主人公にしたのです。マリヤとヨセフを通して、神の世界と人の世界を繋ぐ御子イエスキリストを、人としてユダの地に存在させるのです。全く人として存在し、かつ全く神さまとしての存在として十字架上の贖いの業の完了迄を克明に紹介し、神さまの人の世界への贖いを説明して下さったのです。ここに、すべての求める人に与えられた福音の姿を見ることが出来るのです。