Sunday, June 6, 2021

 生ける石

 「この主のみもとにきて、あなたがたも、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられ、聖なる祭司となって、イエス・キリストにより、神によろこばれる霊のいけにえを、ささげなさい。」                           Iペテロ2章5節  

イエスさまは、「すみのかしら石」となられたお方です。このことは、詩篇で予言され(詩篇118:22)、事実となったのです。十字架の贖いは、出来事としては、イエスさまへの刑罰でありましたが、真の御働きは「イエスをキリスト」と告白した魂の「贖いの業」なのです。ですから、「愛する者たちよ。あなたがたに勧める。あなたがたは、この世の旅人であり寄留者であるから、たましいに戦いをいどむ肉の欲を避けなさい。」(Iペテロ2:11)とこの世での生活について、大切な教えをくださったのです。では、「魂に戦いを挑む肉の欲」とはどんなものでしょうか。人間的な自己愛、欲望、世俗的な願望などが相当することだと思います。端的に言うなら、聖書66巻だけを中心にして、学び実践する生活をし続けるということではないでしょうか。所謂、世的な事に振り回されず、イエス様中心の生活をし続けるということができるかもしれません。善を行うことによって、愚かな人々の無知な発言を封じるのは、神の御旨なのである。自由人にふさわしく行動しなさい。ただし、自由をば悪を行う口実として用いず、神の僕にふさわしく行動しなさい。すべての人をうやまい、兄弟たちを愛し、神をおそれ、王を尊びなさい。僕たる者よ。心からのおそれをもって、主人に仕えなさい。善良で寛容な主人だけにでなく、気むずかしい主人にも、そうしなさい。もしだれかが、不当な苦しみを受けても、神を仰いでその苦痛を耐え忍ぶなら、それはよみせられることである。」(2:15-19)毎聖日の礼拝を誠実に守ること、兄姉の交わりを重んじること、什一献金を通して教会を支えること、積極的に兄姉のために祈り続けること等を忠実に実践いたしましょう。

2021年6月6日 週報より