Sunday, July 4, 2021

御子イエスを信じる者

「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」          ヨハネ316 

ヨハネ3章で、「ニコデモの救い」が取り扱われています。これはちょうど私たちの救いのステップを見せて下さっているような、素晴らしい記述です。今朝の聖書箇所では、ニコデモの救いの記事を通して、主イエスさまが意図されておられた、「人の救い」についての主イエスさまのお思いと願いが語られています。この箇所から、私たちは、救われるためには、「イエスをキリストであることを信じる者は裁かれない」との「主のお赦し」が続く間はこの事が強調され、それは、ニコデモにだけではなく、「イエスをキリスト(救い主)」と信じ受け入れるすべての人々が、主がお赦し下さる間、世界中のどこに住んでいても、いかなる環境の中でも、可能となる真理なのです。

「すべてイエスのキリストであることを信じる者は、神から生れた者である。すべて生んで下さったかたを愛する者は、そのかたから生れた者をも愛するのである(Ⅰヨハネ51)。」とあり、さらに「神を愛するとは、すなわち、その戒めを守ることである。そして、その戒めはむずかしいものではない(Ⅰヨハネ53)。」と記されています。

私たちイエス・キリストにある者=クリスチャンは、「」イエスがキリスト」と告白して、キリスト者と認められて、キリストに教えられた「戒め」を守り続ける生活を通して、救い主がお約束して下さる「救われた生活」を守り続けることで、天国への道が保証されているのです。

ただにこの保証をいただくためだけではなく、その天国への道が幸いで正しい道であることを理解し、感謝し、私たち11人の人生において、しっかりと、確実に受け留めてまいりましょう。

2021年7月4日 週報より