Sunday, July 18, 2021

 ザアカイよ、急いで降りてきなさい

 

 「イエスは、その場所にこられたとき、上を見あげて言われた、「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」         ルカ福音書195

                  

ルカによる福音書19章に、取税人であるザアカイとイエスさまの出会いが記されています。5節のイエスさまのお言葉を見ると、ザアカイにお会いするためにこのエリコの町に来られたのではないでしょうか。また、背の低いザアカイはそんなイエスさまの心は何にも知らずに、「どんな人か一目見たいと」無花果桑の木の枝に登って、イエスさまが近づいて来られるのをお待ちしていたのです。ザアカイを発見したイエスさまは、「ザアカイよ!その木から急いで降りてきなさい」「今日、あなたの家に泊ることにしているから」と、お声をかけてくださったのです。どんな人か一度見てみたいと思っていた願いがかなえられただけではなく、我が家にお迎えできることになった賓客であるイエスさまをお迎えして、主に誓いました、「主よ、わたしは誓って自分の財産の半分を貧民に施します。また、もしだれかから不正な取り立てをしていましたら、それを四倍にして返します」。(ルカ19:8)と。人々は、悪徳取税人で大金持ちのザアカイの変貌をどのように受けとめられたのでしょうか。イエスがザアカイの家に入るのを見て、「彼は罪人の家に入り、客となった」とつぶやいた人々の思いは、イエスさまは多くの人に幸いな人と歓迎されているけれど、あんな悪人の家に喜んで客人となるなんてと、不満な気持ちを持っていたのではないでしょうか。しかし、イエスさまは、その一人一人の霊的な性質を良きものにお変えになるたに最善をもって私達に向かってきて下さるのです。そして、「イエスをキリスト」と受け入れた魂を、「アブラハムの子」として受け入れてくださるのです。

私達とイエスさまの出会いにどんなご計画があったのでしょう。

 

2021718日 週報より