Sunday, July 25, 2021

 あなたがたはこう祈りなさい

  「それは、イエスの御名によって、天上のもの、地上のもの、地下のものなど、あらゆるものがひざをかがめ、また、あらゆる舌が、「イエス・キリストは主である」と告白して、栄光を父なる神に帰するためである。」                ピリピ人への手紙210-11        

 今日は、主の祈りの前半部から3つ見ていきます。

1. 「天にいますわれらの父よ、」

これは、単なる呼びかけではなく、自分の心を様々な思いから解放させて、心のすべてを一番信頼できる父なる神さまに預けること、また、感謝をもって、神さまの前にへりくだり、祈りに向かう準備の姿勢をとることが、この「天にいますわれらの父よ、」なのです。

2. 「御名があがめられますように。」

御名とは、ここでは、神さまの存在のすべてを指しています。聖である神さまを私たちが汚すことのない様にしてくださいという祈りです。あなたにあって聖くされた私が、その聖さを保つことができるように助けてください。そうであれば、その聖である私たちを通して、天で行われるみこころが地でも行われるようになるのです。

3. 「御国がきますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。」

ここで、御国は、「みこころが天で行われるように地でも行われる」国のことです。天で行われるみこころが地でも行われるようにそれを今、私たちから始めてください。それを教会の証しとしてください。その証を通して、福音宣教の拡大がなされますように。私からはじめて、この地上における神さまのご支配の領域が拡大されていくことを願う祈りとなります。

心を主にまったく向け、感謝をもって、また、やがて来る神さまの国を待ち望みつつ、「天にいますわれらの父よ、」と祈りましょう。 

2021年7月25日 週報より