Sunday, August 15, 2021

 世に勝つ信仰

「世に勝つ者はだれか。イエスを神の子と信じる者ではないか。」                                                                                                ヨハネの第一の手紙5章5節

 「それは彼を信じる者が、すべて永遠の命を得るためである。」(ヨハネ3:15

「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである。彼を信じる者は、さばかれない。信じない者は、すでにさばかれている。神のひとり子の名を信じることをしないからである。」(ヨハネ3:16-18

ヨハネによる福音書3章には、聖書を開いたことがある人なら誰でも見聞きしていると思われる有名な聖句があります。神さまの愛は全ての人に向けられており、しかも、「イエスの名を信じ受け入れる者」は誰でも、無条件に「父なる神さまの子供」として受け入れて下さるとの宣言がなされているのです。

「もし人が、イエスを神の子と告白すれば、神はその人のうちにいまし、その人は神のうちにいるのである。わたしたちは、神がわたしたちに対して持っておられる愛を知り、かつ信じている。神は愛である。愛のうちにいる者は、神におり、神も彼にいます。わたしたちもこの世にあって彼のように生きているので、さばきの日に確信を持って立つことができる。」(Ⅰヨハネ4:15-17

 2021815日 週報より