Sunday, August 29, 2021

 いつまでも残る愛

 

「このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と 愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。」       コリント人への第一の手紙1313節                  

パウロは、コリントの人々が預言や異言そして知識をあまりにも重要視する一方、愛を軽んじている様子に、それは全く知恵のない子供っぽい信仰者がすることであると言います。あなたがたは、真に価値のあるものを求めなさい。その中でも最も大いなる愛を成長させて大人の信仰者になりなさいと言っているのです。

私たちは、イエスさまの十字架を通して与えられた愛をもって、神さまとまた、隣人を愛します。イエスさまが十字架で示してくださったこの愛は、証しとして見えるかたちで残されています。私たちの11つの愛の実践も、証となり残されます。あなたの示した1つの寛容が、消えずに証しとなり残るのです。また、御霊の実としてあなたの信仰の成長に加えられます。さらに、教会の愛として積み上げられ、教会をより強固にします。パウロは、このことをコリント教会に期待していました。そしてこの愛は、神さまとの交わりをより親しいものとします。私たちは、愛すれば愛するほど神さまをより知るようになります。神は愛だからです。

主に従う私たち11人には、もうすでにこの愛が育まれています。この愛をイエスさまにあって用い、実践することで、隣人とのまた、兄弟姉妹との間で、教会の中で、そして自分の中に、この愛がますます、成長し、大きくなっていくのです。それは、決して無駄になりません。そして、イエスさまを証しするものとして、教会を建て上げる愛として、自分の中の御霊の実の成長に、また、さらに神さまとの親しいお交わりに絶えることなく働いていくのです。

 2021829日 週報より