Sunday, September 26, 2021

 神を知ることの喜び 

「わたしはいつくしみを喜び、犠牲を喜ばない。燔祭よりもむしろ神を知ることを喜ぶ。」                                                                                                           ホセア書66節           

 1  神さまを知ることを軽んじたイスラエル

ホセア書61節では、「主なる神さまに帰る(立ち返る)」ことが、また、3節には、「主なる神さまを知ることを切に追い求める」ことが語られています。しかし、2節は、早急な神さまからのいやしを求める安易な内容となっています。全体としての呼びかけは、正しいものでしたけれども、その中身は、あまりにも安易で軽々しいものでした。

2  神さまを知るとはどういうことでしょうか

ホセア6:6で、神さまは犠牲以上に、主を知ることを喜ぶと言われています。神さまへの犠牲で失敗をしたサウル王に対し、サムエルは、こう言っています。サムエル記上15:22「サムエルは言った、「主はそのみ言葉に聞き従う事を喜ばれるように、燔祭や犠牲を喜ばれるであろうか。見よ、従うことは犠牲にまさり、聞くことは雄羊の脂肪にまさる。」神さまの御声を聞くことがなければ、神さまの永遠のご計画について知ることはできません。神さまに対して、無関心な者となり、神さまと同じ目線、同じ立場で、目的に向かって共に歩んで行くことはできないのです。

この神さまと共に歩む経験を通して、私たちはますます神さまのことを知ることができるようになるのです。そしてそれが、私たち11人の神さまのご計画を知ることの喜びとなり、また、そんな私たちを神さまが何より喜んでくださいます。知った気にならないで、どこまでも知ることに努めましょう。集会、日々のデボーション、聖書の通読を大切にして、神さまに聞き従ってまいりましょう

 2021年9月26日 週報より