Sunday, October 17, 2021

 盲目の人の癒し 

「イエスは深くあわれんで、彼らの目にさわられた。すると彼らは、たちまち見えるようになり、イエスに従って行った。」                                                マタイ2034

 盲人の人が癒された記事は、マタイ2029~34節だけではなく,マルコ1046~52節とルカ1835~43節でも取り上げています。そして、マタイではその盲人たちが「二人」であると記され、マルコでは「バルテマイ」であると記しており、ルカによる福音書では、「ある盲人」とあります。おそらく、この3つの記事は、バルテマイについての記事ではないかと推測します。いずれも、盲目の目が開けて、見えるようにと願っているのです。この目は実際の眼球の視力を癒して頂きたいと願っているのですが、私達には、「心の目」もまた開かれるように願っているようにも思われます。心の目とは、心眼とか、悟る心ともいうべき信仰的な悟りを意味する言葉に通じる意味ではないでしょうか。バルテマイにとって目が癒されるという事は、生きていくうえで決定的なハンデキャップが取り除けることに通じる素晴らしい出来事なのです。彼は恐らく目の不自由のゆえに、いわゆる正業につけず、人通りの多い宮の前で物乞いをするしか、生活の糧を得られなかったのでしょう。通りがかったイエスさまが「どうして欲しいのか」と言われた時、即、「この目が見えるようにしてください。」と叫ぶように申し上げた事でしょう。私達も同様に、自分一人ではどうにもならない問題を、どうしても解決しなければ、もう前には一歩も進められないような煮詰まってしまった状態の時には、「神さま。助けてください。力を与えてください。」と、叫ばずにはいられないとき、主は「どうしてほしいのですか」と応答下さるのです。 

20211017日 週報より