Sunday, October 24, 2021

 ふたりは一緒に 

「アブラハムは言った、「子よ、神みずから燔祭の小羊を備えてくださるであろう」。こうしてふたりは一緒に行った。」                               創世記 228節              

 「ふたりの者がもし約束しなかったなら、一緒に歩くだろうか(アモス3:3)。」約束をした者同士は一緒に歩くのだと言っています。それが神さまのみこころです。

では、一緒に歩くとはどういうことでしょうか。信仰の父アブラハムの最大の試練は、ひとり子イサクを神さまの示される山で燔祭(全焼のいけにえ)として献げるというものでした。それが記されている創世記22章では、「ふたりは一緒に行った。」という表現が繰り返されています。この時神さまは、アブラハムとイサクの2人が、神さまのみ心を共有できるかをテストされています。イサクは、父の言葉と態度から、神さまが選ばれたいけにえが、自分であることを知り、縛られるままに、殺されそうになってもいっさい抵抗しませんでした。いのちをかけて、父アブラハムと信仰する神さまに、従順に従いました。2人は神さまのみ心を同じように知り、神さまに完全に委ねて一緒に歩いたのです。

イエスさまを主として受け入れた、私たち11人も一緒に歩む関係を望まれています。みことばから、神さまのみ心を知り、どんな理不尽な、予想外で大変な試練があっても、神さまを信頼して、 神さまに委ねて、イエスさまと共に歩むということです。そうすれば、私たちは、イエスさまとともに神さまのご計画を見ながら歩むことができるでしょう。そして、「何か思いがけないことが起ったかのように驚きあやしむことなく(ペテロ4:12)、」心平安に歩むことができます。イエスさまは、インマヌエル(神われらと共にいます)の主です。

 20211024日 週報より