Sunday, November 7, 2021

 万事を益となさる神さま 

「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている」             ローマ828節  

『聖霊』もまた同じように私達の弱さを助けに来られます。というのは、わたしたちがなんと祈ったら良いか解らないのに、御霊ご自身が来て、口に言い表しえないほどに切なる願いを持って私達の祈願に応じて下さるのです。人であり神であるお方は愛する者たちの心を探られる方で、聖霊の意図されていることを知っていて下さるのです。なぜなら御霊は、神の御心に従って、聖徒たちのために神のみ前にとりなして嘆願して下さるからです。(参照:詩篇139:12)神を愛する者、すなわち神のご計画に従って召されている者にとっては、切のことが共に働いて益となることを確信しているのです。なぜなら神は、前もって愛しておられる者が、内的に神の形に預かることを初めから予定しておられるからなのです 。神はまた予定された者を、お召しになり召したものを義と認められたのです。彼らを天における貴い身分と実態にまで高められたのです。(25-30節の詳訳聖書)もし神が私達の側に立たれるなら誰が私達の敵になりえるのでしょうか。参照詩篇118:6[主が私に味方されるので、恐れることはない。人は私に何をなしえようか]私達一人一人を一人一人として、愛の眼を注視して見ていて下さる主なるイエスキリストは、私達がどのような状態に立ち至ったとしても、主の最善をもって導き整えて下さるお方なのです。ですから私達もまた、このお方に、全身全霊をもって向かわせていただきたいのです。

 2021117日週報より