Sunday, December 26, 2021

 光の子として歩む

 「わが敵よ、わたしについて喜ぶな。たといわたしが倒れるとも起きあがる。たといわたしが暗やみの中にすわるとも、主はわが光となられる。」                       ミカ書78

 ミカはエルサレムの秩序が乱れ、不正がはびこる絶望的な状況の中にあっても、救いの神を静かに待ち望んでいました。「たといわたしが暗やみの中にすわるとも、主はわが光となられる。」とミカは、主である神さまが光であること、そしてこのような神さまは他にはおられないことを確信していました。

私たちには、自分中心で、人を赦せず、他人への愛に欠ける心があります。神さまは、それを罪とされます。神さまは、私たちの罪、心にある闇を取り除くために、光であるイエスさまをお送りくださいました。このイエスさまを信じるすべての人を、神さまの前に罪なく正しい人とされるためです。また、この光は、世の暗闇に勝利する光でもあります。イエスさまをいつも仰ぎ、光を受ける者は、この世の不正や闇に驚くことはあっても、ゆるがされることは決してありません。また、あわれみの神でもあるイエスさまは、私たちの痛みや辛さ、悲しみをご自分のものとして、ご自分の腸がよじれるくらいに、同じ心で悲しみ、苦しんで、私たちに寄り添ってくださるお方です。そして、必ず出口を用意して、その出口までともに歩み導いてくださるのです。このような神さまは他にはおられません。

今年の終わりに光であるイエスさまを仰ぎ見て、この方の光を受けて聖めとあわれみをいただき、また、世にあって正しく歩む力をいただきましょう。そして、新しい年も「だれかあなたのような神があろうか。」とミカの言うこのお方に嘘なく、誠実に仕えて参りましょう。

 20211226日 週報より